クラミジアの特徴と症状

もっとも感染率の高いSTD クラミジア

クラミジアの特徴

クラミジアは、日本でもっとも感染率の高いSTDだと言われています。特に女性の感染率が増加中。
性行為、オーラルセックス、キスなどで粘膜に感染する。男性は、咽頭、尿道に感染し、女性は膣内に感染します。

 

クラミジアは、子宮外妊娠や不妊の原因になったり、妊婦の場合、流産や早産になる可能性も指摘されています。

 

クラミジアの原因

クラミジアの1種である、クラミジア・トラコマチスという菌が、性器や尿路に感染することで起こります。

 

クラミジアの症状・クラミジアの治療法

女性の場合、おりものの増加や下腹部の軽い痛みなどの症状が見られます。ただ、自覚症状がとぼしいため、自分では気づかないケースが多いです。
治療は産婦人科か性病科を受診してください。薬による治療で完治できます。症状は数日でなくなる事が多いのですが、菌が完全に死滅するまで、医師の指示通りに治療薬を服用してください。医師から完治の診断を受けるまで治療を続けてください。

 

クラミジアの潜伏期間

3日〜3週間前後