性器ヘルペスの特徴と症状

再発しやすく、恐ろしい後遺症も 性器ヘルペスの特徴と症状

ヘルペスの特徴

ヘルペスウイルスが感染することによって発症します。
1度かかるウイルスが身体の中に住み着いて抵抗力が落ちた際に再発するケースも多い。
妊娠時や出産時に性器ヘルペスを発症した場合は母子感染する恐れも。
現在、ヘルペスワクチンが開発中で、実用化に向けて開発が進められています。

 

ヘルペスの症状・ヘルペスの治療法

外陰部に、かゆみや痛みを伴う水疱があらわれます。この水泡がつぶれると潰瘍状になります。
性器ヘルペスの大きな特徴は、痛みと神経痛です。また、患部近くで神経麻痺を起こすこともあり、排尿障害や排便障害、歩行困難になることもあります。
治療は、症状により抗ウイルス剤で治療を行ないます。原則一年間の内服が必要とされています。

 

ヘルペスの潜伏期間

2日〜1週間前後