淋病の特徴と症状

たった一回でもうつる 淋病の特徴と症状

淋菌の特徴

淋菌という菌が感染しておこります。感染力が強く、1回の性行為でうつる確率は30%程度とも言わています。繰り返し感染するケースも多いです。
女性の場合、感染が進むと卵管炎を引き起こし、不妊などの原因になることもあります。また、出産時に母子感染を起こすこともあるので、妊婦さんは特に注意してください。

 

淋菌の症状・淋菌の治療法

感染してから数時間で発症します。感染してから数日間は、黄色いうみのようなおりものがあったり、量が増えるほか、外陰部のかゆみ、腹痛などがあります。
自覚症状がない場合も多く、感染に気づかないケースも多いようです。膀胱炎や膣炎と、間違って診断されることがあります。
ノドへ感染すると、腫れ、かゆみなどの症状がみられることもあります。

 

病院は産婦人科・性病科を受診します。のどへの感染の場合は耳鼻咽喉科です。

 

抗生物質の投与で、3日から数週間の治療が必要です。医師から完治の診断を受けるまで、治療を続けてください。

 

淋菌の潜伏期間

数時間から数日間