性病、性感染症(STD)予防法

性感染症(STD)予防法

性感染症(STD)は基本的に、自然に治ることはありません。
必ず病院で、適切な治療を受けることが必要です。
そして必ず完治するまで治療を続けてください。

 

治療中は性行為を控え、清潔を心がけてください。なにより大切なのは、パートナーと同時に治療すること、そして、STDにかからないように予防することです。

 

性感染症(STD)を防ぐための4つのポイント

必ずコンドームを着用すること。
性行為では、必ずコンドームを着用すること。
激しい性行為は避けること。
アナルセックスや器具を使うような激しい性行為は避けること。出血や傷を伴うような激しい性行為は避ける。欠けた爪や伸びた爪も注意が必要。
清潔にしておくこと。
性行為の前後はシャワーを浴びるなどして清潔にしておくこと。未消毒の器具などを使う性行為も避ける。
不特定の相手と関係を持たないこと。
不特定の相手と関係を持たないこと。知らない相手との性行為は絶対だめ!

これに加え、性行為をするのなら最低でも年1回の定期的な検査も欠かさず行なってください。これが自分の身体を大切にするということなのです。